税理士を目指すなら大学と専門学校とどちらが良いか

税理士を目指す人が知っておきたい合格への道を伝授

目的がはっきりしているなら専門学校もおすすめ

税理士は国家資格の中でも、合格率の低い極めて難関な資格です。
税と会計のスペシャリストとしてあらゆる知識を習得する必要があり、独立開業した後も、税法の改正や日本をとりまく経済状況について、常に情報収集と日々の研鑽が欠かせない仕事です。
また納税者に代わって確定申告や税務調査に立ち会い、税務書類の作成や、税金に関る相談を受けられるのは、税理士の独占業務です。
これだけの高い専門性と知識を持った税のプロであるからこそ、その資格取得も難関となり出題範囲も必然的に広くなります。
さらに税理士の資格試験は誰でも受験できる訳ではなく、必要な要件を備えなければなりません。
専門の養成校で必要な単位を修得していない場合には、日商簿記検定1級に合格することや企業での会計事務または銀行や信託銀行での資金の貸付業務などに2年以上従事していること、税理士、弁護士、公認会計士の補助業務に2年以上従事していることなど、職歴や資格試験による条件を満たすことで、受験資格が得られます。
日商簿記1級に合格すること自体が難関である上、企業や銀行などでの会計や決算の経験があるということは、簿記や会計学の実践的スキルがあるということです。
これだけの知識を備えた上でしが受験が許されないという点で、いかに難関な資格試験かがわかります。
一般的に資格取得には大学や専門学校などの養成校へ通う方法、独学などの方法がありますが、ここでは税理士を目指す場合、大学と専門学校のどちらが良いかについてまとめました。
税理士に興味を持っている人、これから本格的に税理士を目指す方、また税理士以外にも難関試験を突破したい方へのヒントとなるかもしれません。

おすすめリンク

TOPへ戻る